現在、少子高齢化を起因とする、人口問題、労働問題、都市問題など無数の問題を抱えています。
高齢化、正確には超高齢化によりもたらされる介護離職、独居老人、無縁社会、孤立化、孤独死。 また高齢化率を高める要因となっている少子化問題。
女性の社会進出や晩婚化を背景に、核家族化問題、さらには母子家庭の貧困問題など様々です。
こういった様々な問題に共通するものは、「人と人との関係性の希薄化」であると考えられます。
そこで当団体は、「縁」、「支えあい」、「生きがい」をテーマに、地域の人々のまた活性化の一助になればと考えております。

<健やかな成長を支えあうために取り組んできた活動>

先にも挙げましたように、女性の社会進出、また核家族化により、育児・保育における問題が浮き彫りになっております。
女性が社会にでるということは、家事や育児という家庭における責任を果たしながら、
社会における責任をも果たさなければならないという、ハードな毎日を過ごされている方も少なくはありません。
また昨今では、母子父子家庭率が増加傾向にある中で、このようなハードな毎日を誰かに頼ることすら出来ずに日々大変な苦労をなさっている方も年々増加の一途をたどっています。
このような環境では、保護者同様に子供達にも同じ苦労を背負っていると考えられます。
すぐに頼れる保護者がいない状況であったり、満足に食事をとれないなど精神的な不安と身体的な苦痛を感じて、
育つことにどのような好影響があるといえるのでしょうか。
そこでこのような保護者、子供のために、「親子食堂」を開催しております。母子父子家庭により子供が満足にご飯を食べることができない、親が仕事と育児に追われ、心休まる時間が持てない家庭に「親子食堂」として主に地域の母子父子家庭に食事と居場所を提供します。
親子でゆっくり食事を楽しみながら、会話をしてもらい、温かいご飯を共に食べることの本当の意味を味わえる価値ある時間を提供したいと考えています。また近隣の家族が集まることで、地域の繋がりが活性化し、地域のコミュニティの形成にも寄与できると考えています。

〈生き甲斐を感じ、支え合う環境をつくるための取り組み中の活動〉

年数回開催しております「さんら祭り」では、地域の方々との繋がりをより深められる機会になるよう、また地域の活性化を図ることを目的としています。
支えあう地域づくりの礎となるべく、地域の方同士が触れ合い、気軽に楽しんで頂けるイベントとなるよう考えております。
自治会や老人会との連携を取りながら、屋台や出し物をする中で、地域に笑顔が溢れる活動に取り組んでいます。
音楽部門では、毎月第4日曜日に「みんなきてや~音楽祭」を開催しております。
人間関係が希薄化した現在、共に歌い、共に楽しみ、共に笑い合うそんな温かい空間を、参加者全員で共に創り上げるイベントです。
音楽は、心を癒したり、パワーを与えたりと様々な好影響を与えてくれると同時に、体にも好影響を与えてくれます。
音楽を通じて、心も身体も健康増進できる機会をつくることで、社会貢献活動に貢献していきます。
老若男女問わず毎回このイベントを楽しみにされている方も少なくはありませんが、今後更に地域に浸透させていくことで、一人でも多くの方に生きがいを感じて頂ける機会を創出できるように取り組んで参ります。
また定期開催しております「ミュージックフェス」では、プロのアーティストを招待しています。
アーティストにとっては音楽を提供する機会を設けるとともに、音楽を必要とされている方々には、素敵な音色を提供しています。
アーティストと聴き手が一体となるその場は、たくさんの笑顔で溢れ、喜びで満ち溢れた時間を過ごし、心のリフレッシュをして頂く、そんな機会を創出しています。
また各種老人ホームに音楽の慰問を行います。高齢者が唄ったり簡単な楽器を演奏したりすることは脳に刺激を与え、健康増進やリラクゼーションに大きな効果があると言われています。また懐かしい歌の歌詞や、メロディに触れることで、記憶を再生し思い出作りに繋がるようです。
それが脳や神経の巡りを活性化することで、元気になり情緒を安定させ、様々な健康増進の効果が期待できるのです。
次に、スポーツ部門です。 身体を動かすことは、どなたにとっても重要なことであることは周知の事実であります。
スポーツを生きがいとされている方々も多く、そのような方々に、ゴルフやソフトボールを楽しんで頂く機会を提供しています。
もちろん老若男女は問いません。スポーツを通じ共に汗を流していく中で、日常生活では感じることができない「絆や一体感」を味わう事ができます。
ゴルフでは講師を招き、本格的に、しかしながら楽しく、一人ひとりが上達していく喜びを体感してもらうことが出来ます。
ゴルフやソフトボールにおける、フェアプレーの精神を身につけていくことで、道徳的習慣や公平の貴さの重要性を会得して頂く機会を提供し、周りの人との協調性や思いやりという人間性の向上に努めて参ります。
このように多岐に渡る活動に向けて、それぞれ担当者が立案、実行しようと意欲を持っています。前述したようにすでに任意団体として活動を行っております。
しかしながら任意団体では他団体や企業・行政からの協力や信用を得ることが難しく、様々な制約が大きくなることが考えられるため、この度、私たち設立人は独立法人を立ち上げることを決定した次第であります。

皆様のご理解と幅広いご支援をお願いいたします。